東大陸上部は箱根駅伝(第60回)になぜ出場?成績やメンバーの現在がスゴイ!【消えた天才】

こんにちは(Ф∀Ф)

キジトラです♪

お正月の風物詩として

国民的に親しまれている箱根駅伝

今年の箱根駅伝も盛り上がりましたね!

キジトラは沿道から応援しましたよ♪

ヾ(*ΦωΦ)/

今年も青山学院大学が優勝か!?

と踏んでいたんですが、

青学の総合優勝5連覇を

阻止したのはなんと東海大学

46回目の出場で

初めての総合優勝でした。

おめでとうございます♪

箱根駅伝は毎年いろんなドラマが起こり

話題にも事欠きません。

今年の箱根駅伝でキジトラが

注目していたのは

東大の近藤秀一選手(工学部4年)が

出場したことです!!

出典:スポニチ

東大生が箱根を走ったのは14年ぶり。

東大の近藤秀一選手は

関東学生連合チームのメンバーとして

1区を駆け抜けました。

今回は関東学生連合チームとして

東大生が出場しましたが、

実は過去に一度だけ【東大陸上部】として

箱根駅伝に出場したことがあるんですよ!

学業をおろそかにできない東大生が

箱根駅伝に出場できていたとは

驚きです。∑(・∀・) !!

1/12(日)18:30から放送の

TBS番組「消えた天才」でも

とりあげられます。

気になりますね。(Ф∀Ф)

ということで今回は、

箱根駅伝に出場した東大陸上部

当時の成績やメンバーの

現在について調査してみました♪

それでは一緒に確認していきましょー♪(ノФωФ)ノ

スポンサードリンク

東大陸上部について

出典:東京大学陸上運動部

東京大学陸上部は、1887年(明治20年)に

活動を開始した伝統ある運動部。

部の創設から130年を超えているとは驚きです。

現在の現役部員は100人超。

東大陸上部はスポーツ推薦を採用していないので

初心者でも入部しやすいんです。

しかしながら今年の箱根駅伝に出場した

近藤秀一選手のように

関東・全国レベルの大会で

活躍する選手も多数輩出しています。

関東インカレ1部復帰、箱根駅伝出場を

目指し、日々努力を続けています。

スポーツと学業の両立は難しいはずなのに(なんたって東大だし)

陸上部には成績優秀な学生も多いんだとか。

まさに「文武両道」な東大陸上部です。

スポンサードリンク

東大陸上部が箱根駅伝(第60回)になぜ出場?
成績やメンバーは?

出典:箱根駅伝

東大陸上部は過去に一度だけ

箱根駅伝に出場したことがあります。

それは今から35年前。

1984年の第60回大会です。

箱根駅伝の黎明期である1920年台の話ではなく、

きちんと予選会が開催されるようになってからのことです。

東大陸上部はなぜ出場できた?

大学で陸上競技をしているものにとって

箱根駅伝出場は夢であり、目標だと思います。

高校時代から力がある学生は恐らく

箱根駅伝常連の強豪大学へ進学するはず。

スポーツ推薦を採用していない東大陸上部だと

他の駅伝強豪校に比べて箱根駅伝出場は

ハードルが高かったはず。

ではなぜ第60回は出場ができたのでしょうか。

この年は第60回という節目の記念大会だったため

予選会で通過できる大学が例年より5校多かったそうです。

とは言っても、追加の5校に入るのもすごいです。

また出場メンバーを見てみると

10人中6人が4年生。

長距離競技では継続的なトレーニングによって

心肺能力を強化するため、4年生が

長距離競技の能力を発揮したのでは。

あとは東大らしく頭脳を生かして

効率的な練習方法をとったのかしら?

とキジトラは勝手に推測しております。

スポンサードリンク

【2019-01-16追記】

箱根駅伝で5区を走った半田禎さんによると

半田禎さんが東大に入学した当時

4年後の箱根駅伝は第60回の記念大会だから

出場枠が5校増えるのでは?

ということで、東大陸上部は

第60回箱根駅伝出場のチャンスを掴むため

頭脳集団ならではのトレーニングを

取り入れていたんだとか。

高地トレーニングに似せたような

酸素を少なくする機械を取り付けて走ったり

当時はまだ珍しかった科学的トレーニングを

取り入れるなど、やはり頭の良さを生かした

効率的なトレーニングを積んだのですね。

スポンサードリンク

第60回箱根駅伝成績

東大陸上部が初めて出場した

第60回箱根駅伝。

結果は17位

総合記録は12時間15分08秒。

ちなみに、この年優勝したのは

早稲田大学(11時間07分37秒)でした。

出場した東大メンバーは?

第60回箱根駅伝で出場した

東大陸上部のメンバーはこちら。

(ノФωФ)ノ

区間 選手 学年 区間順位 記録
清水 明 4年生 16 1時間09分22秒
渡辺 史 4年生 17 1時間16分38秒
栗田 晴彦 3年生 15 1時間10分02秒
渡辺 典之 4年生 16 1時間09分25秒
半田 禎 4年生 16 1時間20分18秒
中村 貴司 4年生 19 1時間07分13秒
真田 弘幸 1年生 19 1時間17分22秒
清水 真 2年生 20 1時間16分50秒
武田 政文 2年生 14 1時間16分49秒
10 太田 丈児 4年生 14 1時間11分09秒

引用:箱根駅伝(過去の記録)

箱根を走った6名は4年生。

最初で最後の箱根をどう走りきったのか。

また1年生ながら7区を任された

選手もすごいですね。

箱根駅伝に出場したメンバーの現在がスゴイ!

35年前に箱根駅伝を走った

東大陸上部のメンバーが

現在どうなっているのか気になります!

なんたって東大卒ですからね。

当時大学生だった東大メンバーも

現在は五十代。

エリート官僚や大企業の重要なポスト

についている人もいるのでは?

【2019-01-14追記】

1/13(日)放送の「消えた天才」

箱根駅伝に出場した東大陸上部メンバー

現在が紹介されましたが、

やはりみなさん凄かった!!

<1区:清水明さん>

清水明さんは静岡県立静岡高校を卒業し

東京大学理科Ⅰ類に現役合格。

清水明さんはメンバーにも一目置かれる

頭脳明晰な方だったようですね。

東大仲間から「天才」と言われる人って相当ですね。

清水明さんは現在、文部科学省の官僚

になっていました。

それまでの経歴がまたすごい!

清水明さんは東大卒業後、

入省すぐにロサンゼルスオリンピックに関係する

仕事に就き、その後は宮内庁に出向。

天皇皇后両陛下おそばまわりの仕事を

担当されたそうです。

また国立香川大学の副学長を歴任し

現在は文部科学省に新たにできた

総合教育政策局の初代局長を拝命されたそうで。

東大の中でも天才である清水明さんは

まさにトップクラスのエリート街道を

歩んでらっしゃいました。

<2区:渡辺史(わたなべつかさ)さん>

渡辺史さんは東京都私立武蔵高校を卒業後

現役で東京大学文科Ⅲ類へ進学。

箱根駅伝では花の2区を走り、

当時、”東大の瀬古”と雑誌で特集が

組まれたほど注目度が高かったようです。

渡辺史さんは東大を卒業後、NHKに就職。

出世を重ねて最終的には

NHK宮崎放送局の局長まで上り詰めました。

渡辺史さんは現在はNHKを退職し、

BS放送に必要な人工衛星を管理する

放送衛星システムの執行役員になっています。

<3区:栗田晴彦さん>

3区の栗田晴彦さんは東大卒業後

外資系コンサルティング会社である

マッキンゼー・アンド・カンパニーへ就職。

その後、IT大手である

ニューレット・パッカードに転職し

現在はネットワンシステムズという

大手IT企業で活躍しています。

<4区:渡辺典之さん>

4区を走った渡辺典之さんは

埼玉の名門である県立浦和高校を卒業後

東京大学理科Ⅰ類へ進学。

東大卒業後は現在の三井住友銀行に就職し

海外の支店長まで務めました。

渡辺典之さんは3年前に

日本カルミック株式会社に転職。

日本カルミックは公共施設にある

便座クリーナーやハンドドライヤーなどの

トイレの衛生管理や環境整備等を

マネジメントしている一流企業。

ショッピングセンターのトイレに入ったら

このカルミックのロゴをよく目にしますよね。

出典:日本カルミック株式会社

現在、渡辺典之さんは日本カルミックの

取締役業務本部長なんですって。

<5区:半田禎(はんだただし)さん>

山の神と呼ばれる数々のスターを生んだ

山登り区間の5区を走ったのが

キャプテンの半田禎さん。

半田禎さんは千葉県立千葉高校を卒業後

東京大学文科Ⅰ類へ進学。

東大卒業後は東京海上ホールディングスへ。

現在は常務執行役員となっています。

<8区:清水 真(しみずまこと)さん>

清水真さんは神奈川県立湘南高校を卒業後

現役で東京大学文科Ⅰ類に合格。

2年生ながら8区を任された

清水真さんは実は高校までは将棋部で

大学まで陸上は未経験だったというから

これまたすごい。

もともと持久力には自信があったとはいうものの

相当の努力がなければ東大入学して2年で

箱根駅伝で走ることはできなかったと思います。

さらに驚きなのが清水真さんの経歴です!

清水真さんは東大在学中に司法試験に合格

東大卒業後はすぐに弁護士になるかと思いきや

なんと、日本銀行に就職。

その後日本銀行を退職し、現在は弁護士に。

日本陸上競技連盟の弁護士もされているそうです。

普通の人ではできないエリートの歩み方ですね。

<9区:武田政文さん>

今回、「消えた天才」での取材はなかったのですが、

武田政文さんは一流企業の役員のようですね。

<10区:太田丈児さん>

箱根駅伝でアンカーを務めた太田丈児さんは

東京都立立川高校を卒業後

東京大学理科Ⅱ類へ進学しました。

現在太田丈児さんは電力中央研究所で

電気を安全に供給するための

発電施設の研究者になっていました。

太田丈児さんの勤める会社は

5人に1人が東大出身者なんですって。

まさに天才集団の会社ですね。

スポンサードリンク
「消えた天才」では7名の現在について

紹介されましたが、いやはや。。。

みなさんやはり凄かったです。

東大陸上部の方は勉学や研究で忙しい中

夜遅くまで練習に励み努力して

箱根駅伝を走ったのですから、その経験は

その後の人生の大きな糧になりますよね。

だからみなさん成功されているのではと思います。

今回は箱根駅伝に一度だけ出場した

東大陸上部の成績やその後の出場メンバー

について調べてみました。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました♪ヾ(*ΦωΦ)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする