竹内翔祐(天才絵画少年)の経歴や絵画作品は?現在は現役医学部生で「医大塾」の経営者【あいつ今何してる?】

(Ф∀Ф)こんにちは!

キジトラです。

3月6日(水)19時放送の

「あいつ今何してる?」

竹内翔祐(たけうちしょうすけ)さんが

出演します。

竹内翔祐さんはかつて様々な

絵画コンクールで優勝し、

ある国際コンクールでは

4度世界一を獲得した

”天才絵画少年”だったのです。

そんな”天才絵画少年”も大人になり、

現在はいったいどうなっているのか?

絵の才能を生かしているのか、

はたまた全く違う職業についているのか。

気になりますね。(Ф∀Ф)

というわけで、今回は

竹内翔祐さんの子ども時代の天才ぶりや

現在はどうしているのかを

調査してみました♪

それでは、一緒に確認していきましょー♪

スポンサードリンク

竹内翔祐(しょうすけ)さんのプロフィール

出典:佐賀新聞LIVE

名前 竹内 翔祐(たけうち しょうすけ)
生年月日 1993年生まれ
年齢 25歳
出身地 長崎県の五島列島
学歴 佐世保北高校 → 佐賀大学医学部(在籍中)

竹内翔祐さんの両親は

どちらも学校の先生。

お父様は中学校の美術教師だったので

竹内翔祐さんにも絵の才能があったのでしょうね。

竹内翔祐さんが最初に絵を描いたのは

小学校1年生時。

夏休みの課題で描いた絵は

コンクールデビュー作にて

なんと国土交通大臣賞に。

これがきっかけとなり、

絵をたくさん描くようになりました。

スポンサードリンク

竹内翔祐さんが描いた絵画作品

竹内翔祐さんは国際絵画コンクールで

世界一4度も獲得しています。

その国際コンクールが

国際航空連盟(FAI)と

財団法人日本航空協会が主催の

FAIヤング・アーティスト・コンテストです。

このコンクールは毎年テーマがあり

そのテーマに沿って作品を描きます。

まず日本で審査があり、

優秀賞に選ばれた9点が

日本代表としてスイスのローザンヌにある

FAI本部へ送られ、国際コンテストに

参加できるのです。

日本代表になるだけでも狭き門なのに

4度も世界一になるとは。

そりゃ完全に天才絵師だ!!

竹内翔祐さんが最初に世界一に

なったのは小学生の時でした。

その作品がこちら!

2005年作品「大空で遊ぼう」

典:日本航空協会絵画コンクール

竹内翔祐さんが小学6年生の時の作品。

この年のテーマは

【エアショーのポスターを描こう】

ちょうどこの年は国際航空連盟(FAI)の

創立100年記念だったそうで

どの作品にも「FAI」「100」

入っていました。

この年はそれが条件だったのかも?

竹内翔祐さんの作品にも

もちろん入っているのですが、

ただ単に絵の中に描き込んでいるのではなく

「FAI」は気球のマークとして、

「100」は飛行機雲で表現しています。

とても小学生が描いたとは

思えない仕上がり方です。

同年代の他の子の作品も見ましたが、

竹内翔祐さんの作品は突出していましたね。

そりゃ世界一になりますわ。

スポンサードリンク

2008年作品【金色の翼】

出典:日本航空協会絵画コンクール

この作品は竹内翔祐さんが

中学3年生の時の作品。

2008年のテーマは

【「小切手」のデザイン】

竹内翔祐さんは切手のデザインとして

故郷である佐世保の九十九島(くじゅうくしま)

を背景に海上を飛ぶ航空機を描きました。

夕陽で金色に輝く九十九島の海を

鮮やかに描くことで黒く描かれた

航空機のシルエットが際立つ作品。

中学生で点描画の技法を取り入れるとは。

しかも、この細かな点は絵筆ではなく

竹串の先を使っているのです。

工夫を凝らして描いていることが分かります。

この作品は完成させるまでに2か月以上

もかかったというから苦労も伝わりますね。

出典:佐世保小値賀観光サイト

写真は九十九島の風景。

竹内翔祐さんが描いた絵のように

神々しい美しさです。

美しく描いた九十九島を見ると

竹内翔祐さんが佐世保の地に

愛着を持っているか分かりますね。

切手のデザインとして販売されていたら

手に入れたくなるような作品です。

最初の世界一から3年後、

竹内翔祐さんはこの作品で

再び世界一になりました。

同じコンクールで(しかも国際!)

2度も世界一になるのも凄いことなのに

竹内翔祐さんは高校時代にも

2009年、2011年にも世界一になっています。

スポンサードリンク

竹内翔祐さんが受賞しているコンクールは

これだけではありませんよ!

国内で受賞した作品を見てみましょう。

「宇宙の日」記念 受賞作品

出典:朝日新聞

文部科学省などが主催する

9月12日の「宇宙の日」

記念した作文絵画コンテスト。

2008年、竹内翔祐さんが

中学3年生の時に応募した時の作品です。

この作品は中学生部門で

文部科学大臣賞を受賞しました。

背景の宇宙や地球を描く

細かいタッチとは違って

手前に映る人たちは陰影を使った

アニメのような仕上がりになっています。

光の表現がとても中学生とは

思えない、素晴らしい作品です。

防災ポスターコンクール受賞作品

出典:内閣府ホームページ

竹内翔祐さんが高校性の頃の作品。

竹内翔祐さんはこの作品で

防災担当大臣賞を受賞しました。

竹内翔祐さんはトランプから

「災害時の切り札」を連想し、

災害ポスターを表現しました。

キングはスコップを持ち、

クイーンはおにぎり。

そしてジャックは避難袋と

トランシーバーを持っていて

とても印象的なポスターとなっています。

 大きな災害が起こった場合は、各地で同時に被害が発生する上に道路や情報網も寸断されるので、公の救助がすぐに来てくれるとは限らないと思う。だから、緊急を要する救助や、災害の後始末などをするためには、隣近所や地域での助け合いが絶対に必要になるということを伝えたかった。

引用:「竹内翔祐さん受賞コメント」内閣府ホームページ

竹内翔祐さんの作品はただ好きに

絵を描くのではなく、

どう表現すればよいかを頭で整理して

メッセージ性のある絵を

描いていることがよく分かります。

スポンサードリンク

竹内翔祐さんの現在は現役医学部生で「医大塾」の経営者

これだけ絵の才能と受賞歴があれば

竹内翔祐さんならストレートで

美大に入って現在も芸術活動してるよね。

と思っていたら!!

竹内翔祐さんったら高校卒業後は

なんと医学部に進んでいた!!

進学先は佐賀大医学部。

まったく逆と言えるほどの舵の切り方!

そして医学部に入れるほど

頭が良かったことに衝撃!

まあ、佐世保北高は進学校ですし。

でも、あんなに絵を描いていて

勉強する時間とかあったのかしら?

もともと頭が良かったのでしょうね。

さらに驚くことに。

竹内翔祐さんは医学部在籍中に

医学部の学生仲間5人とともに

佐賀市内で学習塾を開講。

学習塾はその名も医大塾

医大塾は個別指導塾で

指導する先生は現役の医学部生。

受験を勝ち抜いた医学部生が

講師なら説得力ありますもんね。

そりゃすぐに人気が出ますわ。

2017年5月に始めた学習塾は

半年後の11月には塾と法人化。

竹内翔祐さんが社長の

株式会社NOIE(ノイエ)を立ち上げました。

竹内翔祐さんは医者になるのを

辞めて経営者になったのではなく、

自分が医者になっても学習塾が回るような

仕組みを作るために法人化したんだとか。

やはり頭がキレますねぇ。

竹内翔祐さんは塾一つのみの

経営だけには留まらず

今年の1月には2つ目の校舎を開設。

さらには医師国家試験の

採点サイト運営にも

関わったりと活動を広げています。

医大塾を開講した当初の塾生は

8人程度だったのですが、

現在は約90人が通っています。

塾生は今後も増えていくでしょうね。

対象は小学3年から高校3年までと幅広く、

もちろん医学部志望の

生徒さんもいるそうです。

優秀な医学部の学生から直接指導を

受けることができるなら

親御さんも通わせたいでしょうね。

竹内翔祐さんが現役医学部生だからこそ

生まれた塾であり、

チャンスを逃さないところが

竹内翔祐さんのすごいところですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は”天才絵画少年”として

様々なコンクールに優勝してきた

竹内翔祐さんの作品や現在について

調査しました。

竹内翔祐さんは国際コンクールで

世界一を4度経験し、国内でも

内閣総理大臣賞などこれまでに

多くのコンクールで優勝してきました。

竹内翔祐さんの描く作品は

とても10代とは思えない技術と

素晴らしい発想でまさに”天才”

そんな彼が進んだ道は芸術ではなく

医学の道。

現在は佐賀大学の医学部生。

そして現役医学部生ながら

学習塾を開講し、企業までする

経営者としても手腕を発揮しています。

”天は二物を与えず”とは言いますが、

竹内翔祐さんにはその言葉は

通用しないのね。

竹内翔祐さんは現在はもう

絵は一切描いてないのかしら?

素晴らしい才能なので

25歳の彼の作品も見てみたいと

思うけれど、毎日忙しくて

絵を描く暇もないのでしょうね。

3月6日(水)19時から放送の

あいつ今何してる?】で

詳細が分かりましたら更新したいと思います。

[2019-03-07更新]

竹内翔祐さんは子どもの頃から

コンクールに受賞するには

どんな絵を描くべきかを

狙って描いていたというのだから

いかに子供離れした子どもだった

ということを改めて知りました。

自分より才能がある人をきちんと認め

自分の将来を冷静に見極めているからこそ

現在の医者と経営者の道に

つながっているんでしょうね。

竹内翔祐さんは現在は

コンクールに出す絵は

描いていないのですが、

医療的な知識を活用して

医者向けの模試や教科書に使う

挿絵を描いているんですって。

竹内翔祐さんにしかできない

ニッチな市場を見つけましたね。

さすがやわぁ。

竹内翔祐さんは大学卒業後

この春から都内の病院に勤務するそうですが、

医者の活動以外にも今後が期待されますね。

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました♪ヾ(*ΦωΦ)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする