高橋和義(元警察官)の経歴や現在は?出版した『職務質問』の感想・口コミ【激レアさん】

こんにちは(Ф∀Ф)

キジトラです♪

毎週土曜日放送の

【激レアさんを連れてきた。】は、

あまりにも珍しい”激レア”な体験を

経験した「激レアさん」をスタジオに

招いて体験談を聞くという番組。

5/11(土)放送の「激レアさん」は

元警察官の高橋和義(たかはしかずよし)さんが登場します!!

【激レアさんを連れてきた。】の予告には

高橋和義さんをこう紹介しています。

『お喋り大好き』というたった1つの武器だけで歌舞伎町の悪者を逮捕しまくり、警視庁の伝説となった職務質問の鬼

引用:テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」

『おしゃべり大好き』と言ったら

陽気なおじちゃんのイメージが湧くけれど

『職務質問の鬼』だからね。

めっちゃ恐いのかなぁ・・・気になる。

というわけで、今回は激レアさんな

高橋和義さんについて

調べてみることにしました。

それでは一緒に確認していきましょー♪

スポンサードリンク

高橋和義さん(元警察官)の経歴

高橋和義さんは警察官時代に

職務質問から1000人以上を逮捕してきた

ザ・職務質問の鬼です。

そんな職務質問の鬼高橋和義さんは

いつ誕生したのでしょう?

一緒に確認していきましょう。

高橋和義さんプロフィール
  • 名前:高橋 和義(たかはし かずよし)
  • 出身地:宮城県
  • 生年月日:1949年生まれ
  • 年齢:70歳前後

高橋和義さんは1970年に警視庁警察官拝命。

警視庁・各警察署で職務質問のプロフェッショナル

として活躍します。

歌舞伎町交番勤務時代には

歌舞伎町で職務質問した数、約1400人

薬物犯だけでも3年間で380件も検挙したとか。

職務質問した人数にも驚きますが、

ただやみくもに職務質問かけてるわけではないですよ。

高橋和義さんにしてみれば、

薬物を利用している人は見れば分かるんですって。

この実績から高橋和義さんは

「警視庁職務質問指導班(現・指導室)」の

初代指導員としても活躍。

さらに、2001年には

「警察庁指定広域技能指導官(職質部門)」

に任命され、2010年に退官されました。

こうやって見ていくと高橋和義さんの

40年に及ぶ警察人生は職務質問一筋という感じがします。

【激レアさん】では高橋和義さんのことを

『お喋り大好き』と表現していますが、

ただのお喋り好きではなくて

コミュニケーション能力が高いんでしょうね。

まともじゃない人を相手にした

職務質問もできないでしょうし、

なにより後任を育てる指導員もできないと思います。

あとは怪しい人を見分ける眼力でしょう。

キジトラはよく『警察24時』を見るんですよ。

好んで見るのがパトロール中に行う職務質問。

キジトラ自身はまだ職務質問されたことがないので

ただただ興味があって見ています。

一瞬すれ違っただけなのに怪しいとにらんで

職質かけて逮捕するシーンとかドラマみたいだわ。

テレビに登場する警察官の方は

どなたも優秀な方だとは思うのですが、

高橋和義さんは”伝説の職質警官”

呼ばれるほどだから彼に目を付けられたら

逃げられないでしょうね。

高橋和義さんバージョンの『警察24時』も見てみたかったな。

スポンサードリンク

高橋和義さん(元警察官)の現在は?

高橋和義さんは2010年に退官しました。

警察を退官した後の高橋和義さんはというと

各業界での講演活動や執筆活動もされています。

今回の【激レアさん】のように

テレビにもたびたび出演されているようですね。

警察官時代は質問する側だったのが

現在は質問される側なのか。

まあ、おしゃべり大好きな方ですから

話しもお上手なんでしょうね。

【激レアさん】が楽しみです。

しかしながらですね、

キジトラは気になっていることがあります。

”職務質問の鬼”だった高橋和義さんだから

今でも街中を歩けば怪しそうな人を

見かけると思うんですよ。

そんな時、どうしているんだろう。

現在は警察官ではないから職務質問はできないでしょうけど。

職務質問したくてウズウズしないのか気になります。

高橋和義さんの書籍『職務質問』の感想・口コミ

高橋和義さんは退官した翌年の2011年に

自身が執筆した本を出版しました。

職務質問 新宿歌舞伎町に蠢く人々
著者/編集:高橋和義
発売日:2011年12月
レーベル:幻冬舎アウトロー文庫
出版社:幻冬舎

出典:楽天ブックス

高橋和義さんが新宿歌舞伎町の

交番勤務をしていた頃に職務質問で

出会った人々のことをつづったノンフィクション。

みなさん一様にサクサク読みやすく面白いという

感想をお持ちですね。

『警察24時』をよくご覧になる方は

興味を持って読めるんじゃないでしょうか。

高橋和義さんはじめ、警察の方は

本の中の出来事が日常的に起こっているんですね。

本を通して人間社会の闇を垣間見ることができるので

ノンフィクションなんだけど小説のように

読めるのではないかと思います。

スポンサードリンク

まとめ

今回は元警察官で”職務質問の鬼”と呼ばれた

高橋和義さんについて調べてみました。

高橋和義さんは1970年に警察官となり、

退官する2010年までの40年間を

職務質問一筋でやってきました。

職務質問から1000人以上を逮捕してきたというから

すごい眼力とずば抜けたコミュニケーション能力が

あったんだと思います。

高橋和義さんはお喋り大好きな特技を活かして

講演活動やテレビ出演、さらには

警官時代のエピソードをつづった本まで

出版しています。

退官してからも活躍されていますね。

5月11日(土)放送の【激レアさんを連れてきた。】では

どんな話が飛び出すのかとっても楽しみです。

興味がある方は番組もご覧くださいね♪

今回も最後まで読んでいただき、

ありがとうございましたヾ(*ΦωΦ)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする