レ・ロマネスク(男女デュオ)TOBIはなぜパリで有名な日本人に?全身ピンク衣装で踊る動画が面白い!【激レア】

こんにちは(Ф∀Ф)キジトラです♪

毎週月曜放送の

激レアさんを連れてきた。』は、

あまりにも珍しい”激レア”な体験を

実際にした「激レアさん」をスタジオに

招いて体験談を聞くという番組。

年明け第一弾となる「激レアさん」は

「レ・ロマネスク」TOBIさんが登場します!!

TOBIさんはフランスで有名な

日本人デュオ『レ・ロマネスク』

メインボーカルなんですが、

超絶不幸な体質のため

さまざまな不幸に見舞われてきたんだそうです。

今回も激レアな話が聞けそう。

というわけで、今回は激レアさんな

「レ・ロマネスク」TOBIさんについて

調べてみることにしました。

それでは一緒に確認していきましょー♪(ノФωФ)ノ

スポンサードリンク

「レ・ロマネスク」TOBIさんのプロフィール

出典:キューブオフィシャルサイト

名前 TOBI(トビー)
出身 広島県
誕生日 3月1日
血液型 B型
学歴 修道高等学校 → 慶應義塾大学経済学部
職業 「レ・ロマネスク」のメインボーカル

他、タレント・俳優・作詞家・作曲家・振付家

出典:キューブオフィシャルサイト

高校は広島市内の名門私立校の

修道高等学校へ。

修道高校出身で有名なのは吉川晃司さんですが、

他にも政界、官界、財界、医療界で

活躍する卒業生も多いんですよ。

「レ・ロマネスク」仕様のぶっ飛んだ

TOBIさんのお姿からは想像していませんでしたが、

なんと、慶應ボーイ!(Ф∀Ф)

高校も名門校を卒業しているし、

TOBIさんたら地頭めっちゃいいんやん!

修道高校から慶應ときたら、

エリート街道突き進んでもいいはずなのに

なぜ全身ピンクに??

まあ、頭が良すぎる人って

どこかぶっ飛んでる人が多い気もするけど。

激レアさんを連れてきた。』によると

TOBIさんは公務員になりたかったみたいだし

かなり気になりますよね。

大学を卒業したTOBIさんは

ちゃんと就職してサラリーマンの道へ。

だったのですが、TOBIさんが入社した会社が

次々と倒産するんですね。

これはかなりへこんじゃいます。

そしてTOBIさんは人生をリセットするために

ワーキングホリデーでフランスへ渡ります。

なぜフランスだったのかは

「一番興味のない国でリセットするため。」

フランスって憧れて行くとこだと思うんだけど・・・

そもそも興味がない国ってことは

フランス語も話せなかったはず。

よくフランスへ旅立ったなと感心してしまったわ。

スポンサードリンク

「レ・ロマネスク」誕生のきっかけ

出典:レ・ロマネスク サイト

全身ピンク姿の奇抜なお二人さん。

こちらはポップ音楽ユニット「レ・ロマネスク」。

メンバーはTOBI(トビー)さんとMIYA(ミーヤ)さん。

フランスのパリで結成した男女デュオなんですが、

「レ・ロマネスク」誕生のきっかけを調べてみました♪

フランスに渡ったTOBIさんは

日本人向けのフリーペーパーの編集部で

広告の打ち込みなどをする

アルバイトを始めました。

ある日、「急募:日本人パフォーマー」

みたいな広告を打ったところ

依頼者のもとに応募が一通も来なかったらしく

なぜか流れでTOBIさんがパフォーマーとして

ステージに立つことに。

そのステージはフランス人向け

日本語学校の秋祭りだったそう。

日本人学校の祭りだからって

ド素人の日本人をスカウトする

フランス人の軽い感じもアレだけど

「思い出作りに1曲ぐらいやってみっか」

という軽い気持ちでステージに

立ったTOBIさんもなかなかアレですね。

ただTOBIさんは人に頼まれると断れない、

究極のYESマンなので、

単に断れなかったのかも...

とキジトラは思っていますの。(Ф∀Ф)

TOBIさんは一人でステージに

立つのは恥ずかしいので

フランスで知り合ったMIYAさんを誘います。

「後ろに立っているだけでいいから。

ユラユラしているだけでいい。」

と口説いてデュオとしてステージに立ちました。

これが「レ・ロマネスク」の誕生。

2000年10月のことでした。

スポンサードリンク

「レ・ロマネスク」はなぜパリで有名に?

出典:レ・ロマネスク DISCOGRARHY

「レ・ロマネスク」の奇抜な全身ピンクコーデが

とっても気になるのですが、

初ステージを踏んだ時からド派手衣装だったとか。

実はとっても恥ずかしがり屋なTOBIさん。

ステージの上で緊張しないように

金髪のカツラやド派手な衣装を着てみたところ、

恥ずかしくなくなったんですって。

キジトラとしては逆に

恥ずかしくなりそうだけど。

超目立つし。

フランス人向け日本語学校の秋祭りで

最初で最後のつもりでステージに立ったのに

そのステージを見ていた別のフランス人から

「うちにも出てくれよ。」

とオファーが来るように。

究極のYESマンTOBIさんは

これまた断ることができずに

オファーを受け続け、現在に至るのです。

そうしてフランスのパリで活動していた

「レ・ロマネスク」はあることで

パリで一番有名な日本人となります。

そのきっかけとなったのが

フランスで放送されていた

『信じられない才能(La France a un incroyable talent!)』

という素人発掘番組に出場したこと。

「レ・ロマネスク」はこの番組で

「ズンドコ節」をフランス語で披露しました。

なんでも、犬の散歩マナーが悪いフランス人を

皮肉った歌詞でそれがまたフランス人にウケたそうな。

まあ、最初のうちはかなりのブーイングだったらしいけど...

そもそも、フランスは批判する文化だから

日本人から見たフランスを

皮肉たっぷりに表現した歌詞が

フランス人の心にヒットしたみたい。

フランス人に大ウケした「ズンドコ節」がこちら。

キジトラはフランス人ではないですが、

この映像見たらそりゃ「お前誰や!?」

って気になっちゃいますわ。

この番組出演が大きな話題となって

オンエア後にYoutubeにアップされた番組の公式動画は

フランス国内再生回数1位世界4位を記録。

反響すごすぎる。Σ(゚Д゚)スゲェ!!

一夜にして時の人となった「レ・ロマネスク」

ポスターの広告になったり、

パリ国際映画祭「PARIS CINEMA」の

公式マスコットになったりと

パリで最も有名な日本人になっちゃいました。

日本を逃げるようにして

フランスに渡ったTOBIさん。

断れない気の弱さが災いしたのか

功を奏したのか、あれよあれよとパリの人気者に。

人生ってどうなるか分からない。

そんなことを考えさせられちゃいます。

スポンサードリンク

「レ・ロマネスク」全身ピンク衣装の動画が面白い!

全身ピンク色の「レ・ロマネスク」

見た目もインパクト大ですが、

音楽もかなりのインパクト。

その中でも、キジトラのお気に入りナンバーがこちら。

「祝っていた」

相手を”呪う”つもりが漢字を間違えて

”祝っていた”という内容の歌。

「なんで憎いのに祝ってんだ?」

と不思議に思って聴いていたんだけど

内容理解して吹いたよね。

そんなことある?って歌詞だけど

漢字の一部が変わるだけで

こんなに面白い歌に変貌するなんて

トレビアンじゃないですか。

「拙者サムライダンディー」

つっこみどころ満載な曲のタイトル。

いやいや、侍じゃないし、

全然ダンディーでもないし!

フランス貴族の恰好で畳の上で

正座しているのがなんともシュール。

足元は足袋履いているし。

ストーカーな歌の内容にアウトやろ!

とつっこみながらも

おかしくて笑ってしまうんだよなあ。

「KASOCHI」

エレクトリックな音楽で

♪ケイ、エイ、エス、オー、シー、エイチ、アイ♪

の呪文から始まる

エレクトリックなナンバー。

キジトラも一緒に口ずさんでいたんだけど

ローマ字読んだら「過疎地」だったわ!!

青年会はみんな70代だし

トンネルと空き家続くし

過疎地の現状を赤裸々に語る歌なんだけど、

どうしても口ずさんでしまうぜ。

ケイ、エイ、エス・・・

TOBIさんは広島県の比婆郡(現・庄原市)出身。

庄原は自然いっぱいの地域で

いわゆる過疎地。

少年時代に過ごしたこの場所を

思いながら作ったのかしらん。

「レ・ロマネスク」の曲は

どれも中毒性があって頭の中でループする。

スポンサードリンク

まとめ

今回はパリで一番有名な日本人になっちゃった

「レ・ロマネスク」TOBIさんについて

記事にまとめてみました。

TOBIさんの面白いところは

決して目標をもって有名になったわけではなく、

断りきれない気の弱さから

ピンク伯爵を続けてるとこかな。

でも面白いし、需要があるから続いてるんだよね。

「継続は力なり」ですな。

そんなTOBIさんが1月7日(月)の

激レアさんを連れてきた。』に出演します。

出典:twitter@激レアさんを連れてきた。

堅実な公務員になりたかったのに
人生の選択を間違えまくり
なぜかフランスで最も有名な
日本人パフォーマーになっちゃった人

引用:激レアさんを連れてきた。サイト

とっても面白そう♪(Ф∀Ф)

これは絶対見なくっちゃ!

興味がある方はぜひぜひ見てくださいね。

今回も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました♪ヾ(*ΦωΦ)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする