保護猫カフェ「ねこかつ」(埼玉県)営業時間・アクセス・料金や利用の際の注意点は?猫たちの画像も!

(Ф∀Ф)こんにちは!

キジトラです。

突然ですが、みなさん猫って

好きですか?(Ф∀Ф)

キジトラは大好きです!

猫好きな人にも、そうでない人にも

おすすめなテレビ番組が

5/12(日)放送の【情熱大陸】

今回は保護猫カフェ「ねこかつ」店主の

梅田達也さんに密着。

梅田達也さんは行き場のない猫たちを保護し、

自らが経営する保護猫カフェ「ねこかつ」を通じて

新たな飼い主を探す活動をされています。

猫好きのキジトラとしては

「ねこかつ」にはどんな猫ちゃんが

いるのか気になります。

というわけで、今回は

保護猫カフェ「ねこかつ」営業時間や

アクセス、料金、入店する際の注意点や

「ねこかつ」の猫画像もチェックしてみました。

それでは、一緒に確認しましょう♪

スポンサードリンク

保護猫カフェ「ねこかつ」について

「ねこかつ」はその名のとおり、

保護猫がいるカフェです。

店主の梅田達也さんが

保護してきた猫たちばかりです。

通常の猫カフェとの違いは「ねこかつ」の猫たちは

新しい家族を探しているってこと。

「婚活」や「就活」のように、「猫活」(猫の保護活動)なんて言葉も普通に使われるようになって欲しいな、という思いを込めて、『ねこかつ』という名前をつけました。

引用:保護猫カフェねこかつサイト

「ねこかつ」は「ただただ猫と戯れたいの」

という人でもOK。

気に行った猫ちゃんが見つかった時には

引き取ることも可能だそうです。

そうするとまた新たな保護猫ちゃんを

連れてくることができるので、

「猫を飼いたい」と考えている方は

どうぞ保護猫カフェ「ねこかつ」へお越しください。

保護猫カフェ「ねこかつ」の営業時間・アクセス

保護猫カフェ「ねこかつ」は埼玉県内に2店舗あります。

【川越店】

住所 〒350-0043
埼玉県川越市新富町1-17-6 3F
電話 070-5029-8392
営業時間 12:00~20:00
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は営業・翌日火曜日が定休)
アクセス
  • 西武新宿線「本川越駅」徒歩2分
  • JR「川越駅」より徒歩約10分

※クレアモール商店街に店舗はあります。

【大宮日進店】

住所 〒331-0823
埼玉県さいたま市北区日進町2-851-1 MKビル2F
電話 080-4329-4522
営業時間 12:00~20:00
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は営業・翌日火曜日が定休)
アクセス
  • JR「日進駅」南口から徒歩約5分

※学習塾が1階に入っている建物の2階です。

スポンサードリンク

保護猫カフェ「ねこかつ」料金

「ねこかつ」は時間制の後払いです。(1ドリンク付き)

30分の利用は600円

1時間の利用の場合は1,000円

以降、30分ごとに400円ずつ加算されます。

なお、18歳以下の方は上記料金の半額になります。

他にも平日限定で条件にあてはまる人は

料金が割引になることもありますので、

保護猫カフェ「ねこかつ」サイト もしくは

「ねこかつ」スタッフまでおたずねください。

保護猫カフェ「ねこかつ」へ行く前にココを注意!!

「ねこかつ」は衛生面や

猫たちの健康管理の理由から

店内では靴下着用が必須です。

裸足の方はもちろん、ストッキングも

入店NGになっちゃいます。

これから夏にかけてサンダルで外出する

機会が増えると思いますが、

「ねこかつ」へお越しの際は

靴下をお持ちくださいね。

靴下持って来ていない、忘れちゃった

という方もご安心ください。

「ねこかつ」店内でも靴下を

1足100円で販売しております。

また、「ねこかつ」では

「毛皮製品」着用の方は入店お断り

襟元のファーやキーホルダーといった

小物類も入店NGになるようです。

なぜダメなのか?

それは毛皮がどのようにして

製造されているのかを知れば分かること。

以上、「ねこかつ」利用の際の心構えでした。

スポンサードリンク

保護猫カフェ「ねこかつ」の猫ちゃん画像

出典:保護猫カフェねこかつサイト

保護猫カフェ「ねこかつ」には

どんな猫ちゃんたちがいるんでしょう?

さっそくチェックしてみましょう!

View this post on Instagram

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿

黒猫ちゃんとこの子はサバトラかな。

どっちもきれいなお顔をしてらっしゃる。

ぴったりくっついているのを見ると

仲良しなのが伝わってきますね。

View this post on Instagram

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿

カリン様みたいな寝顔。

癒されるぅ。

View this post on Instagram

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿

あら、キジトラちゃんかしら?

この子も美人さんですね。

View this post on Instagram

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿

シャッターチャンス!

魚(ニセモノ)を抱いて寝る猫ちゃん。

めっちゃ可愛い(Ф∀Ф)

どの猫ちゃんもキレイで可愛らしいお顔。

店主の梅田達也さんやスタッフの方が

保護猫たちに愛情を注いでお世話しているのが

分かりますね。

スポンサードリンク

保護猫カフェ「ねこかつ」まとめ

今回は埼玉県に2店舗ある保護猫カフェ

「ねこかつ」について調べてみました。

「ねこかつ」の猫たちはペットショップで

買ってきた猫ではありません。

行き場を失い、保護された猫ばかりです。

店主の梅田達也さんが保護猫たちに

新たな家族を見つけてあげるために

オープンした猫カフェ。

「ねこかつ」は普通の猫カフェ同様に

猫と遊ぶだけでもいいですし、

気に入った猫ちゃんが見つかったら

引き取ることも可能です。(条件あり)

実はキジトラも2匹の猫を自宅で飼っています。

両方とも元保護猫です。

ずっと猫を飼ってみたいと思っていましたが、

ペットショップで”猫を買う”という

考えはキジトラにはありませんでした。

「猫を飼う時は保護猫を」と決めて

10年ほど前に里親活動をしている方から

譲っていただきました。

里親になるために猫アレルギー検査をしたり

ペット可の物件に引越したりもしました。

正直、猫を飼うために準備が大変だと思いましたが、

最後まで責任を持って面倒を見るためには

最低限必要なことなんですよね。

ペットを飼うことは簡単なことではないけれど

それ以上にキジトラは我が家の猫たちに

毎日幸せをもらっています。

これから猫を飼いたいと考えている方には

ぜひ、一度「ねこかつ」

訪れてみてはいかがでしょうか。

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました♪ヾ(*ΦωΦ)/

<こちらの記事もおすすめ>

井川愛(ヤイカファクトリー)はなぜ高知に移住?”猫のおやつ”誕生のきっかけや購入方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする