イクラトロ(元競走馬)が白井家の新家族に!名前の由来や現役時代の成績は?【志村どうぶつ園】

こんにちは。

キジトラです。(Ф∀Ф)

3月2日(土)放送の

天才!志村どうぶつ園】を

見ててびっくり!!

22匹の動物と暮らしている

静岡県浜松市の白井一家の

新しい家族として迎えられたのが

元競走馬のイクラトロ!!

出典:白井鴻明さんツイッターより

イクラトロは名前につられて

何度か馬券を買った記憶が・・・

こんなところで引退した競走馬に

会えるなんて。

一競馬ファンとしては

とっても嬉しいです。

白井さん一家は行き場を

失った動物たちを

たくさんお世話していて

白井家で暮らしている動物は

みんな幸せそう。

イクラトロもそうなってほしいな。

というわけで、今回は

イクラトロの名前の由来や

現役時代の競争成績なども気になったので

改めて調べてみることにしました♪

それでは、一緒に確認していきましょー!!

スポンサードリンク

イクラトロ(元競走馬)の名前の由来等プロフィール

出典:netkeiba.com

名前 イクラトロ
名前の由来 イクラ+トロ
性別
生年月日 2011年4月6日
調教師 矢作芳人(栗東)
馬主 キャピタル・システム
生産者 目黒牧場(日高町)
近親馬 モズライジン、モズオーロラ

<血統>

父:パイロ 父父:Pulpit
父母:Wild Vision
母:グランプリオーロラ 母父:ウォーニング
母母:アンダンテ

出典:netkeiba.com

イクラトロの名前を由来ってなんだ?

と思ったものの、

まさかのそのままとは。

イクラトロのように一風変わった

名前の競走馬って実は

けっこういるんですよ。

キジトラが今までにそりゃないだろ!

ってつっこんだ競走馬を挙げると・・・

モチ

イカガデスカ

オマワリサン

モグモグパクパク

バカニシナイデヨ

他にもまだまだあるのですが、

実際にこの名前で登録されて

競馬で走っていたサラブレッドさんたち。

こういう変わった名前だったら

競馬ファンにすぐ覚えてもらえるという

メリットはあるけれど、

それよりもっとカッコいい名前だったら

もっと走っていたってことはないかな?

とか考えてしまいます。

スポンサードリンク

イクラトロ(元競走馬)現役時代の成績は?

2014年3月。

イクラトロは3歳の時に

競走馬としてデビューしました。

日本の中央競馬のコースは大きく分類すると

ダート(砂)の2コース。

イクラトロはデビューはコース

使っていましたが、

なかなか勝てずにダートに転向。

するとダートへ転向して2戦目で勝利!

6歳の秋以降は障害レースに出走したりと

7歳で引退するまでに

様々なコースを走ってきました。

イクラトロが現役時代に

35回レースに出走。

その成績はというと

35戦3勝[3,4,3,25]

1着 2着 3着 4着以下
総合 3 4 3 25
0 0 0 3
ダート 2 2 2 19
障害 0 1 1 3
地方 1 1 0 0

競走馬の約7割はレースで一度も勝てずに

引退する馬もいる中で、

イクラトロは3勝を挙げています。

イクラトロは大きな舞台で

活躍することはできなかったけれど

7歳まで無事に現役で走って

こられたということがすごい。

イクラトロの身体の強さもあるけれど

所属していた厩舎スタッフさんたちの

努力が大きかったと思います。

イクラトロ(元競走馬)が白井家の新たな家族に

イクラトロは7歳で競走馬生活を引退。

引退した競走馬には厳しい現実が

待っています。

種牡馬となれる馬は一握りで

種牡馬になれなかった馬の行き先は様々。

殺処分されることもあります。

イクラトロは幸いなことに

引退後は愛知県の牧場へ

引き取られました。

牧場主の豊原さんは

引退した競走馬を引き取って

お祭りやイベントに貸し出して

元競走馬に新たに活躍できる環境を

与えているのです。

残念なことにイタズラ癖のある

イクラトロはお祭りには

参加できずずっと馬房暮らし。

そんなイクラトロを引き取ることにしたのは

あの白井さん一家です。

スポンサードリンク

白井さん一家とは

出典:白井由紀子さんインスタグラムより

白井さん一家は静岡県浜松市に住んでいて

神(母)と4人の子供たち、動物22匹

暮らす大家族です。

もともと白井家にはフルハート

パインという名前のお馬さんが2頭がいました。

2頭とも競技馬として

活躍していたのですが、

年齢と足のケガが原因で

殺処分寸前になっていたところを

白井さん一家が引き取り、

以来10年、白井さん一家と

ともに暮らしていました。

フルハートパイン

とっても仲良し。

一緒に脱走もしていましたな。

パインは年上のフルハート

とっても慕っていました。

そんなフルハートは今年の1月、

30歳でこの世を去りました。

フルハートがいなくなってからも

パインフルハートの姿を探して

落ち着かない様子。

白井さん一家はそんなパインを心配し

相方がいれば落ち着くんじゃないかと

新たに馬を迎える決意をしました。

その相方がイクラトロなんですね。

1年前まで中央競馬で現役だった

イクラトロを抑えるために

ガチで身体を鍛える白井鴻明くん。

たまに脱走していたフルハートとは違って

イクラトロはまだまだ若いし、

逃げ足めちゃ早いだろうし、

気合入れてたんだろうけど、

鴻明くん、脱いだらすごかった!

ナイスマッスル!(Ф∀Ф)

白井家にやって来たイクラトロ

最初はヤギにもビビッてたのに

その日のうちに馬房で横になって

爆睡してたらしい。

順応早すぎでしたね。

まあ、それだけ馬房の環境や

居心地が良かったんでしょう。

白井家のみなさんが一番心配していた

パインとの相性も悪くないようだし。

これからもっと仲良くなりそう。

フルハートが逝ってしまってから

ずっとパインの元気がなくて

心配していたけど

新メンバーイクラトロのおかげで

また元気なパインの姿が見れそうです。

ちなみに、イクラトロという名前は

神が呼びづらいとおっしゃっていたので、

もしかしたら次回の放送で

名前が変わっているかも?

イタズラっ子のイクラトロ

白井家で何かやらかさないか、

改名されていないかを

楽しみにしながら次回の放送を

待ちたいと思います。

スポンサードリンク

イクラトロ(元競走馬)改め「ラスティ」に!

3/16(土)の【天才!志村どうぶつ園】で

やはりイクラトロの名前が呼びづらいということで

白井家では新しい名前の選考家族会議が開かれました。

白井家に来てから「イクラ」とか「トロ」とか

中途半端に呼ばれてたもんね。

それに、このままだとなんだか

イクラやトロのお寿司が食べづらいし。。。

イクラトロの新しい名前は1人1つ候補を出していって

最終的に多数決で決めるという単純明快なシステム。

白井家のみなさんが出した候補名は以下のとおり。

  • 神(母)・・・シンバ ブルーバード ジュニア
  • 悠流さん・・・ラスティ(昔乗っていた馬の名前から)
  • 鴻明くん・・・神馬(神(母)の馬から)
  • 迅くん・・・ジェリソン(昔飼っていた馬の名前 ハリソン+ジェリー から)
  • 凛ちゃん・・・ダニエル(英語の教科書から)

神ったら「イクラトロ」が呼びづらいって言ってるわりに

めちゃめちゃ長い名前付けようとしてるし!!

鴻明くんはここでも神を絡めてくるのね。

家族でも考える名前はそれぞれで面白いですね。

全ての候補名が出て、決まった名前は

「ラスティ」

長女・悠流さんが候補に挙げた名前に決定しましたー!!

馬のことは長女・悠流さんに賛同するのが

白井家のお決まりのようです。

イクラトロ」から「ラスティ」なんて

一気にオシャレな名前になっちゃいました。

今後はイクラトロ改め、ラスティとして

白井家で楽しく暮らしていってくれるといいな。

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました♪ヾ(*ΦωΦ)

引退した競走馬の記事は他にもあります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする